ミノキシジルの効果とは

ミノキシジルには、大きく分けて飲むタイプのタブレット状の内服薬と、塗るタイプのジェルやリキッド状の外用薬の2種類があります。
もともとミノキシジルは、アメリカで血管拡張剤として開発され、高血圧の内服薬として利用されていました。
ところがこのミノキシジルを服用することで、患者の体毛が濃くなったことから、副作用として全身の多毛症があることが発見されたのです。

 

そのことから頭皮の外用薬としての臨床試験が行われ、脱毛症に対して有効であることが発表されました。
いまではミノキシジルは、発毛に効果のある成分として、広く知られるようになっています。

 

今ではインターネット上でミノキシジルは、頭皮からは吸収されにくいため、外用薬としての利用するよりも内服薬としてタブレットを利用した方が、効果があるという噂が広まっており、個人輸入で入手して利用する人も増えました。

 

しかし、効果が強い分、副作用のリスクがあることも事実です。
そのことから医療機関では、基本的にミノキシジルタブレットには副作用のリスクを伴うため、安全性の高い外用薬を使用するようにしています。
医師の元で使用することで、副作用の心配もなく安心して利用することができます。